2009年07月07日

女性の再就職、「正社員」希望者の4人に1人だけ

▲ 現在は就職困難な時期ではありますが、女性の再就職はより厳しいようです。
 企業が女性を嫌うといわれている事柄の第一位は定着してくれるかどうかということです。女性にとって結婚して出産することは大切なことでは
ありますが、企業にとっては厄介な件であるのが 正直な意見です。
 法律では男女雇用均等法というもので、抑制と均衡をはかっていますが、実情が伴わないと機能しないのも現実です。
 雇用情勢の悪化はしばらくは続きそうです。


 

女性の再就職、「正社員」希望者の4人に1人だけ
 
2009年7月7日(火)20時42分配信 読売新聞  子育てや介護でいったん離職した女性が再び職につく際、正社員になることができたのは、希望者の4人に1人にとどまっていることが内閣府の「再チャレンジ事例調査」で分かった。平均年収も希望より50万円少ない94万円だった。
 調査は、千葉、京都など15府県が昨年秋に実施したアンケート結果を集計。1475人の対象者のうち、513人から回答を得た(回収率34・8%)。
 再び職に就いた女性のうち、正社員として再就職を希望していたのは41・1%で、実際に正社員になることができたのは11・6%だった。パートなどの非正規社員の希望者は46・7%だったが、これを上回る64・6%が非正規社員となった。仕事の再開理由を聞いたところ、「生活費のため」が79・8%で最も多かった。
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20090707-00911/1.htm


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。