2009年07月15日

男性の寿命を延ばす13の方法とは?―英紙(10年以上若い人との結婚?)

▲ 男性に限らず寿命を延ばすという方法は誰にとっても興味深いです。
 その中で特に人間関係として注目すべき点は「若い女性と結婚する
ドイツのマックス・プランク研究所の研究結果によると、妻の年齢が夫よりも9〜11歳若いと、夫が早死にする危険性が11%下がる。」という点です。
人間の機能として活動が活発することがその意味をなしているのかもしれませんが、これらをまとめると「精神的」な面が多く精神面ということがいかに
健康に大事かということもあらわれているのかと思います。


 

男性の寿命を延ばす13の方法とは?―英紙
 
2009年7月15日(水)21時4分配信 Record China  9日、中国メディアによると、英紙デイリー・テレグラフが「男性の寿命を延ばす13の方法」を掲載した。写真はヨガを習う中国の男性。 [ 拡大 ]
2009年7月9日、中国の人気BBSサイト「西祠胡同」に投稿された記事によると、英紙デイリー・テレグラフが「男性の寿命を延ばす13の方法」を掲載した。
その内容は以下の通り。

●財布をズボンの尻ポケットに入れない
坐骨神経などを圧迫し、足や腰のしびれを招きやすくなる。

●鎮痛剤を使わない
ハーバード大学の研究報告によると、イブプロフェンなどの非ステロイド抗炎薬を日常的に服用していると、高血圧になる危険性が38%高くなる。

●普段から性生活を
オーストラリアの研究報告によると、排卵期前の1週間、毎日性生活を営むと、男性機能が改善され、妊娠の可能性が高くなる。

●丈夫な歯が薄毛予防に
スペインのグラナダ大学の研究報告によると、薄毛には遺伝やストレス以外に、歯の健康状態も大きく影響している。

●若い女性と結婚する
ドイツのマックス・プランク研究所の研究結果によると、妻の年齢が夫よりも9〜11歳若いと、夫が早死にする危険性が11%下がる。

●骨盤底筋を鍛える
膀胱や性機能を高めることができる。

●上位ポストに就く
公務員でポストのもっとも低い職員の死亡率は上位ポストの職員の3倍という英国の報告がある。業務上の裁量権が影響している可能性が高いという。

●毎日リンゴを食べる
50歳以上の男女がかかりやすい腸癌の予防に、毎日リンゴを 1個食べると良いとされている。

●肉を控えた食事
ペンシルベニア州立大学の研究報告によると、肉類を減らした食事は癌や心臓病の危険性を軽減するだけでなく、男性機能にも良い影響を与える。

●妻に仕事をさせない
ロンドン大学クイーン・メアリーの医学院の研究報告によると、妻の仕事時間が短ければ短いほど、夫のストレスが和らぐ。

●利き腕と反対の手で歯を磨く
普段は使わない手で歯を磨くことで、脳を活性化させることができ、アルツハイマー病の予防にも効果がある。

●コレステロールを下げる
テンプル大学医学部の研究者によると、禁煙やダイエット、コレステロールを下げることなどで血液の循環を促すことができ、性生活の改善にも役立つ。

●毎日10分間の日光浴
毎日10〜15分間太陽の光を浴びることで、抜け毛や性欲減退、脱力感、関節の痛みの原因となるビタミンD不足を解消することができる。(翻訳・編集/岡田)

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20090715024/1.htm
(2009/7/15/@niftyニュース)



posted by スタッフ at 13:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース関係(人間関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。