2009年07月01日

新入社員調査:男性は婚活、女性は仕事!? 雇用不安影響か

▲ 100年に一度の金融恐慌ということで、就職活動はかなりの困難になっています。会社選びのポイントが企業の永続性や30歳になった時の賃金を
重要視しています。そのような事が先決になっているので、婚活の方はどうしても2の次ということになり、婚活も就職活動と同じような活動をしなければならない
と認識している人も少なくありません。

 

新入社員調査:男性は婚活、女性は仕事!? 雇用不安影響か
 今年度の新入社員は男性の方が「婚活」に熱心−−。日本生産性本部と日本経済青年協議会が29日に公表した調査で、こんな意識が浮かんだ。調査は69年に始まり41回目。新入社員研修に参加した3172人から回答を得た。今年度の新入社員は、昨秋以降の経済危機で内定取り消しなどもあったため、結果が注目されていた。調査では「いずれリストラされるか不安」が46・1%(前年比6・3ポイント増)、「会社の破産、倒産が不安」が27・7%(同5・6ポイント増)と雇用への不安がのぞいた。

 「デートの約束がある時に残業を命じられたら」の問いには「仕事」が82・8%、「デート」が16・6%。両者の差は過去最大となり仕事優先の姿勢が鮮明になった。仕事と答えたのは男性が78・6%、女性が88・4%。今回「婚活」について初めて聞いた。「積極的に『婚活』しないと結婚できないと思うか」との問いに、「はい」と答えたのは男性が35・2%、女性は25・6%で、男性がより「婚活」の必要性を感じていた。調査にかかわった法政大大学院講師の岩間夏樹さんは「女性の方が仕事優先の傾向が強い。雇用不安の中、男性は恋愛や結婚にセンシティブになっている」と分析する。
 また、今年の新入社員のタイプについて、「環境問題に関心が深く、無駄を嫌い、折り目正しい」などと「エコパック型」と命名した。【東海林智】

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090630ddm012040084000c.html
(2009/7/30/毎日.jp )



posted by スタッフ at 13:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(婚活関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。