2009年08月04日

妊娠女性の41%が流産経験

▲ 婚活にとって最終的に考慮に入れなければならないのは「子供を産む能力があるか」という事も懸念されています。
 現実問題として、結婚する目的の一つに「子孫を残すため」ということは大きな要因です。高齢になって再婚などの理由は
 1人での生活より2人の方が生活コストがかなり削減されるということもあります。
   この問題が解決されれば、晩婚化にも大きな余裕がみられるのかもしれません。


 

妊娠女性の41%が流産経験
 
2009年8月2日(日)15時53分配信 共同通信  妊娠したことがある女性の41%は流産の経験があり、流産や死産を繰り返して出産に至らない「不育症」の患者は年間約8万人いるとの研究結果を、厚生労働省研究班が2日までにまとめた。名古屋市立大の杉浦真弓教授(産婦人科)と鈴木貞夫講師(公衆衛生学)らが、一般の女性を対象にしたアンケートを基に計算した。産婦人科を受診した人などに偏らず、不育症の発生に関して行われた調査は初。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2009080201000285/1.htm
(2009/8/2/共同通信)



posted by スタッフ at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(婚活関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。