2009年08月07日

酒井法子容疑者に逮捕状 覚せい剤所持容疑2009年8月7日11時16分

▲ 酒井法子さんの行方不明の捜索が一転して「覚せい剤所持容疑」ということで逮捕状が出されました。
 この罪は覚せい剤を使用していたところまでには及ばず覚せい剤を所持していたということだけで逮捕に至ることができるとのことです。しかし逮捕に至るということは有罪判決に至る可能性が充分あってのことなので、所持していることは承知してのことだったのかもしれません。
 


 

酒井法子容疑者に逮捕状 覚せい剤所持容疑2009年8月7日11時16分
  酒井法子容疑者

最高裁の裁判員制度広報用DVD「審理」で裁判員役を演じた酒井法子容疑者=同DVDから
 タレントの酒井法子容疑者(38)が覚せい剤を所持していた疑いが強まったとして、警視庁は7日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状を取った。同庁が東京都港区の酒井容疑者の自宅を家宅捜索し、微量の覚せい剤を押収したという。

 酒井容疑者は、夫の自称プロサーファー高相(たかそう)祐一容疑者(41)が3日未明に同法違反(所持)容疑で渋谷署に逮捕された後、長男(10)とともに行方が分からなくなった。
 高相容疑者は2日深夜、渋谷区道玄坂2丁目で同署員に職務質問された。その後、酒井容疑者が高相容疑者に電話で呼ばれ現場に来た。高相容疑者が持っていたものをその場で鑑定したところ、覚せい剤と確認されたため現行犯逮捕。酒井容疑者はその場から立ち去ったという。
 所属事務所によると、高相容疑者の逮捕直後から、酒井容疑者の携帯電話がつながらなくなった。捜査関係者によると、4日夕に1回、山梨県南部の山中で酒井容疑者の携帯電話の電波が検知されたが、その後再び電波がつながらない状態となったという。長男は6日、都内の酒井容疑者の知人宅に預けられていたことが確認された。

 酒井容疑者は福岡県出身。85年に芸能界入りし、テレビドラマ「星の金貨」などがヒット。「うれぴー」など独特な言葉遣いで知られ、「のりピー」の愛称で親しまれた。98年に高相容疑者と結婚した。08年には最高裁の裁判員制度広報用映画の「審理」に主演し、裁判員を務める主婦役を演じた。
http://www.asahi.com/national/update/0807/TKY200908070103.html



posted by スタッフ at 14:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能人・事件) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。