2009年08月14日

「仁義なき戦い」の俳優・山城新伍さん死去

▲ 俳優の 山城新伍さんがお亡くなりになりました。最近はテレビに登場していないと思いましたら糖尿病を患わせていたために特別老人養護ホームに居て治療に専念していたとのことでした。
  やくざ映画では特に有名な俳優さんでしたが、世間では実際の年齢より年上に見ていたという人が多かったようです。、それだけ貫禄があるということなのでしょう。
    70歳ではまだ若い死ともいえるのではないでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。


 

「仁義なき戦い」の俳優・山城新伍さん死去
 テレビ時代劇「白馬童子」や、バラエティー番組での軽妙な司会で知られた俳優の山城新伍(やましろしんご)(本名・渡辺安治(わたなべやすじ))さんが12日午後3時16分、嚥下(えんか)障害による肺炎のため、東京都内の老人ホームで亡くなった。70歳だった。  京都府生まれ。高校卒業後、東映のニューフェースとして入社。1958年、映画「台風息子」でデビュー後、60年の「白馬童子」に主演して子供たちの人気を得る。
 その後、東映の時代劇映画に数多く出演。会社がヤクザ映画路線に転じると、「不良番長」シリーズや「仁義なき戦い」シリーズで、八方破れでコミカルな演技を見せた。
 川谷拓三さんとコンビを組んだ即席めんのCMなどで軽妙な印象を残したほか、「独占!男の時間」「新伍のお待ちどうさま」などのバラエティー番組に出演し、歯切れのいい司会ぶりで幅広い人気を集めた。映画監督業にも進出し、「ミスターどん兵衛」「本日またまた休診なり」「やくざ道入門」などを撮った。

(2009年8月14日07時40分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090814-OYT1T00244.htm



posted by スタッフ at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能人・おくやみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。