2009年08月16日

コミケ76:3日間で来場者56万人 過去最高記録、初参加者増で

毎年夏(お盆の時期)と冬(年末)に行われる恒例のイベントに「コミックマーケット(通称 コミケ)」というものがあります。他にもコミックシティ(赤ブーブー通信社〜有限会社ケイ・コーポレーションにある)や「おでかけライブ」(スタジオyou〜ユーメディア)という企業が主催している大きな同人誌即売会もあります。
今年はその「コミケ」の来場者が過去最高との事でした。こういったアマチュア(素人)が本やグッズを独自で制作して、販売する企画を「同人誌即売会」と
呼ばれていますが、このコミックマーケット(コミケ)は、日本で行われている主催においては最大規模のものとなっています。また、独自で作成した写集や音楽CD、懐メロの山口百恵・桜田淳子・森昌子から松田聖子などまで、ゲームの「逆転検事」などで弁護士と検察官の戦うところのパロディーやエロ小説やポルノ系、そして任天堂DSやプレイステーション(ソニー)などのものを扱ったキャラクター商品などジャンルは問いません。
 そのようなことなので「素人・同人」とはいってもこれだけの大規模なので当然プロも黙ってはいません。プロ・セミプロなどで有名なサークル(1人でもサークルと呼びます)は、1日だけでも何百万という売り上げになるところもあります。それだけ経済の入り込みが大きいのも特徴です。
 歴史も今年で30年を迎えます。また「コミケ」という通称(略称)はコミックマーケット準備会(コミックマーケット準備委員会)が行う同人誌即売会の名称として商標登録(法律〜商標法)されています。
したがって、無断で「コミケ」という名称を用いて、大なり小なりでも同人誌即売会を開催することはできません。
当初、この即売会は同人誌サークル「迷宮」が主催をし、その後の飛躍的に拡大して現在のような状況になっています。
  「サークル」(同好会)という考え方を持ち続けているため、現在も「任意団体」として活動をしています(その中に有限会社を設立して、事務を委託するという状況をとっています。)
 尚10年前の時点で当会はこのような活動をしている団体(サークル)でした。そして、10年前のITブームやその他の要因で新しい活動「東京人脈スクエア」が発足し、第一回の会合
が東京・渋谷で行われ現在に至っています。
 


 

コミケ76:3日間で来場者56万人 過去最高記録、初参加者増で
 
コミックマーケットの「ロンドローブ」ブースで、アニメキャラになりきったコンパニオンら
 
コミックマーケットの「ロンドローブ」ブースで開かれた撮影会で、コンパニオンを撮る人たち 日本最大のマンガの祭典「コミックマーケット(コミケ)76」が16日、閉幕した。最終日は20万人が来場、3日間で計56万人となり、昨夏の55万人を超える過去最高の入場者数を記録した。  最終日は、創作を中心に約1万1000サークルが出展し、プロのマンガ家やイラストレーターも多く出展。開場からわずか1時間後の午前11時に作品が完売するサークルもあるなど、人気の「壁サークル」には長い列ができた。コスプレ広場も盛況で、猛暑にも負けず、さまざまなアニメやゲームのキャラクターが登場し、写真の撮影などに応じていた。企業ブースでは、アニメキャラのコスプレをしたコンパニオンがチラシやうちわなどを配布したり、来場者からの記念撮影に応じたりしていた。
 主催のコミックマーケット準備会は「報道などでコミケのことを知り、初めて参加する若い人が増えており、案内などにスタッフの人数を割くなど対応した。今後は、スムーズな運営のためにも、来場者が『お客様』でなく『参加者』の意識を持ってもらえれば」と分析している。
 次回の「コミケ77」は09年12月29〜31日の3日間、東京ビッグサイトで開かれる予定。【河村成浩】 

【関連記事】
<写真特集>コミックマーケット76:特集 即売会、コスプレ、盛り上がるイベントの様子
2009年8月16日

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090816mog00m200015000c.html?link_id=REH05


posted by スタッフ at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。