2009年08月19日

なぜ娘(南夕花)が来ない…山城さん密葬で弟が吐露

俳優の山城新伍さんが亡くなってから何日か立ちますが、実の娘である南有花(みなみ ゆうか)さん(本文には画像あり)の葬儀の参列がなくしかも弟などの親族に連絡がなかった
と実弟が嘆いていることが報じられました。実際元妻は別れたという事だからもう縁がないとのことで実弟も納得はしているものの、娘は血がつながっているから
参列はするべきだということで、ショックな表情をみせているようです。遺産等は、元妻には無く、実の娘の南夕花さんに100%行くということです。

 

なぜ娘が来ない…山城さん密葬で弟が吐露
2009.8.19 05:03
 :密葬に参列しなかった娘の南夕花。天国の山城さんは待っていたに違いない=1996年12月撮影【フォト】 なぜ、父親の葬儀に来ないんだ…。今月12日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した俳優、山城新伍(享年70、本名・渡辺安治)さんの密葬が18日、故郷・京都市左京区の妙満寺で営まれた。喪主を務めた実弟の渡辺鎮雄さん(69)は、山城さんと絶縁状態にあった一人娘の女優、南夕花(42)が参列しなかったことに対し、「来てくれなくて残念」と胸中を吐露。亡き兄の無念を代弁した。

 黙ってはいられなかった。兄がかわいそうでならなかった。
 密葬はこの日午前11時から、妙満寺で鎮雄さんら親族と友人ら18人で営まれた。15日に横浜市内の斎場で行われたのに続く2回目。3時間ほどの法要の後、報道陣に囲まれた鎮雄さんは声を振り絞るように、今の心境を語り出した。
 「(兄の)女房は男と女だから、仕方ない。でも、血のつながった娘(南夕花)はどうして来てくれなかったのか。父親が死んだ報道を見聞きしたら、連絡ぐらいよこすのが普通だろう」
 鎮雄さんは悲しみと憤りをあらわにした表情。本堂の後方を小高い山に囲まれた寺の静寂が、時ならぬ兄を思う弟の思いでかき乱されたかのようだ。
 山城さんは1999年に夫人の女優、花園ひろみ(68)と2度目の離婚。その後、夕花も浮気などを繰り返す山城さんの言動に不信感をあらわにし、「父と呼びたくない」として父親の戸籍から自分の戸籍を抜いた。山城さんが昨年6月ごろから東京・町田市の特別養護老人ホームに入ってからも母娘は一度も見舞いに訪れず、山城さんからも晩年、「妻と娘には(訃報を)伝えるな」と“遺言”を残されてはいた。
 が、渡辺さんは吐き捨てるように続けた。「僕だったら、(親が死んだ時)そんな(連絡も寄越さない)娘には育てない。残念でならない」。山城さんの遺骨は今後、同寺に埋葬され、金閣寺の墓にも分骨される。
 山城さんは昨年ぐらいまで「娘に会いたい」が口癖で、それが本心だったはず。弔いの意思を示してほしいという弟の願いは、果たして姪の南夕花に届くのだろうか。

http://www.sanspo.com/geino/news/090819/gnj0908190504013-n1.htm
2009/8/19/sanspo.com 芸能



posted by スタッフ at 14:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース(芸能人・おくやみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女優南夕花とは チャンチャラおかしい

     山城新吾は芸人
Posted by かたぎ at 2009年08月19日 16:23
 そうなんですね。南さんはタレントという方がいいのかも。
Posted by スタッフ2 at 2009年08月20日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。