2009年08月22日

新型インフルエンザ:患者急増で注意呼びかけ−−府の対策会議 /京都

今年の大型連休(ゴールデンウィーク)前に、大きなインフルエンザがメキシコを中心に流行しました。
今度もまた新型インフルエンザが大流行の兆しを迎えました。以前起こったものより感染力なども強そうな事も言っていますので、
常に手洗いやうがいなどをして予防に心がけてください。
 気温が低下する秋の準大型連休(2009年9月17日から2009年9月27日にわたる5連休があるシルバーウィーク)に再び大きく流行する可能性もあります。


 

新型インフルエンザ:患者急増で注意呼びかけ−−府の対策会議 /京都
 新型インフルエンザの全国的流行を受け、府新型インフルエンザ関係者対策会議が21日、上京区の府庁であった。府内でもインフルエンザ患者の報告数が急増しており、府は「予想よりも早く流行期に入った」として注意を呼びかけている。  府によると、府内125の定点医療機関からのインフルエンザ患者報告数は、8月3〜9日に97だったのが8月10〜16日には214に急増。1定点医療機関当たりの患者報告数は1・77となり、流行の基準となる「1」を超過している。
 会議では「ぜんそくなどの基礎疾患を有する人や妊婦、乳幼児、高齢者らが感染した場合の対応が重要」として、ハイリスク患者への対応策を検討する会議を来週にも開催することを申し合わせた。【木下武】

【関連記事】
新型インフルエンザ:大阪府教委、学級閉鎖基準を緩和 大阪市、堺市も方針
新型インフルエンザ:県が対策本部幹事会 冷静な対応を呼び掛け /宮城
梅原・仙台市長:「道半ば」悔しさにじませ−−退任会見 /宮城
新型インフルエンザ:流行始まる 県保健予防課、患者数急増で発表 /茨城
新型インフルエンザ:検査強化など確認 2カ月ぶり、県対策会議 /静岡
毎日新聞 2009年8月22日 地方版

http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20090822ddlk26040358000c.html


posted by スタッフ at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(インフルエンザ・流行疾病) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。