2011年04月04日

ソフトバンクの孫社長、東日本大震災で100億円を寄付

●1日遅くなりましたが昨日のニュース(本日は財経新聞でも詳細掲載)ではソフトバンクの孫社長が個人的に100億円の寄付が話題となりました。孫社長の総資産が81億ドル(1ドル80円で計算すると日本円では6480億円)だから多くの資産を持っているとはいえ、100億円の寄付はやはりなかなかできるものではありません。それに約1億円の会社からの報酬も引退迄寄付につぎ込むというのだからやはり本当に尊敬に値する人物だと思います。1億円×(53歳〜70歳)=17億円
  またこれをみると「企業」や経済活動の重要さを認識します。
「人を助けるには自分もしっかりしていなければならない」これはとても大切です。

 


 

ソフトバンクの孫社長、東日本大震災で100億円を寄付

2011-04-04 20:31:09
 ソフトバンクグループは3日、東日本大震災の被災者救済と被災地復興のために10億円の義援金を寄付すると発表した。また、これとは別に孫正義社長が個人として100億円を寄付することを明らかにした。

 同社によると、これらの義援金は日本赤十字社や赤い羽根共同募金などを通じて寄付を行うほか、NPOやボランティア団体などへの支援や、両親を亡くした震災遺児への中長期的な生活と勉学の支援などに役立てる予定。特に、今すぐに支援を必要としている被災者に義援金・支援金を早急に届けられる寄付の方法を検討しているという。
 また、孫社長は100億円の寄付に加えて、2011年度から引退するまでのソフトバンクグループ代表としての報酬全額も寄付するという。震災遺児や多くの遺児などを支援していくとしている。
 個人では、ファーストリテイリング柳井正会長兼社長も先月に10億円という高額の寄付を行うことを明らかにしているが、孫社長の寄付がこれまでの東日本大震災への義援金で最大と見られる。

 米経済誌フォーブスがまとめた2011年版の世界長者番付によると、孫社長の資産総額は81億ドル。全体での順位は113位で、日本人としては最高だった。
.関連記事社長が選ぶ2010年の最優秀経営者、ソフトバンクの孫正義氏に12/16 22:34
被災により破損したシステムやデータを無償で支援04/04 11:00
各機構の震災に関する様々な支援・稼働状況04/04 11:00
【東日本大震災:復興・被災者支援】の記事をもっと読む
政治・社会の記事をもっと読む
関連情報ソフトバンク プレスリリース
http://www.zaikei.co.jp/article/20110404/70111.html
(2011/4/4/財経新聞)



posted by スタッフ at 23:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア〜東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。