2011年04月01日

AKB48 板野友美トップ “給料明細”流出にいよいよ分裂危機

●震災のニュースがつづいていますが、現在の動きや震災の復興の部分とそれを動かす「経済」の2本立てが今年度の日本の課題になります。
 以前おつたえしたかと思いますが、この震災の時であっても「経済」を停滞させることは極力さけていかなければなりません。計画停電の病院の向いに、その計画停電対象外パチンコ屋があってもパチンコ屋もこの震災の時期でも従業員をやしなうためもあり必至です。またパチンコ屋だけでなく興業といわれるものやもちろん芸能界もその経済の一翼を大きくになっています。したがってどれをとっても日本の復興に必要のない業界はありません。
 特に「芸能界」や「スポーツ界」は、今多額の寄付をしてくれる方が続々とおられます。
経済力のある芸能人はそれこそ日本の復興には必須となってくるのかと思います。
 
 たとえは少し違うのかもしれませんが、今やTOPのアイドルともいわれるAKB48の存在は日本の経済活動には欠かせない存在ともなっています。
 毎日どこのテレビでも見かけるようになれば、2000万円という中小企業の社長クラスや上場企業の部長クラスの年収の人がいても当然おかしくありません。

 


 

こちらがつづきです。
posted by スタッフ at 04:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人(収入) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。