2011年03月14日

弁当や即席めん、目立つ品薄 関東のコンビニ・スーパー

●福島第一原発等の稼働停止により、計画停電という東京電力が始まって以来前代未聞の事態のために、鉄道会社の運行がかなり制限されました。その連鎖ということで東京近県でも通勤が困難になることで、必然的に食品関連の生産や輸送・販売にも困難が生じています。
 どうしても、停電が生じると断水が生じたりするので、水や直ぐ食べられる食品などが直ぐに売れ切れてしまうのも必至です。こういう時は今まで以上に節約をし、照明もLED電球など省エネルギーができるものを採用して今後の対策に備えることが必要です。

 今のところなんとも言えませんが、食品もある程度の買い置きが必要となってきます。とにかく経済は人・物・金が動いて安定した生活が保たれるのですから、電気の節約等は勿論するものの「自粛」をむやみにすることはより負のスパイラルを発生するので1人1人が個々に「経済観念」を自覚すべきです。
 

弁当や即席めん、目立つ品薄 関東のコンビニ・スーパー
2011/3/14 10:45
 関東のコンビニエンスストアやスーパーでは弁当や備蓄できる即席めんなどの品薄が目立ってきた。


 

こちらがつづきです。

2009年07月02日

1万2000円が2万円相当になる、マクドナルドの商品券は本当に得?2009年05月14日

▲ ファーストフードといったら、安い・早い・旨いの3拍子がそろっている事が大切なことです。
 庶民のイメージとしては「ファーストフード」という認識は外食では「安い」というイメージが強く焼き付いています。
ファミリーレストランと比べるとやはり安い感じはするのですが、よくよくみると、ハンバーガー類のセットメニューを食べると
マクドナルドハンバーガーでは最大790円になるようです。従って決して安くすませられるというわけではなく、利用の方法にいくらでも
安価に過ごせるというわけです。この「定額牛付金」というものの販売効果にどのような影響が見られたかは平成21年11月14日の使用期限が終了したあとで、
何らかのIRなどでわかるかと思います。この内容をみると最低(使用可能な商品で最も安い値段の商品を買うこと)でも9420円は得とのことなので12000円で21420円
分の商品を買えることになり、そのダンピング率は約56%になります。
 けっきょくは家族や数人で使うのが理想のようです。
 うまく使いこなせばかなり節約もできるでしょう。

 こちらがつづきです。
【東京人脈スクエアPC携帯総合サイト(こちらです)】 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。